> >

Qlik Sense 使い方 データの表示 折れ線グラフ2

スポンサーリンク

今回は前回作成した折れ線グラフの集計期間を変更します。

前回作成したグラフは↓です。

QlikSense

このグラフは日次のものになっています。
しかし、売上分析を行う際は、日次ではなく週次で行う事が多くあります。
ではそれを実現しましょう。

まずは、右上の編集を押します。

QlikSense

次に「軸」を以下のように変更します。

sale_date

QlikSense

=week(sale_date)

QlikSense

入力後にエンターキーを押すとグラフが日次のものから週次のものに切り替わります。
同様に月次も可能です。

先ほどと同様に

=week(sale_date)

=month(sale_date)

に変えてみましょう。
このようになるはずです。

QlikSense

このような感じで、Qlik SenseではQlik独自の関数を利用する事が可能です。
もちろん関数はメジャー側でも利用可能です。
次回は、そのメジャー側での関数活用例をお見せします。

※Qlik独自の関数はコチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です