> >

Qlik Sense 使い方 データの表示 折れ線グラフ

スポンサーリンク

前回の「Qlik Sense Desktop データ取り込み」で取り込んだデータをグラフ表示します。
Qlik Sense Desktopを起動して作成したアプリを起動します。

QlikSense

シートの新規作成を行います。
名前は適当に「sample_sheet」とでもします。

QlikSense

完成したシートをクリックします。

QlikSense

下のような画面に切り替わるので、右上の「編集」を押します。

QlikSense

すると左側に「チャート」と呼ばれるボックスが出てくるので、「折れ線グラフ」をクリックしてください。
そして、でてきたポップアップの右下を押します。

QlikSense

下のようにシートに折れ線グラフの元が貼りつきます。
「軸を追加」を押して、出てきたテキストボックスに「sale_date」と入力してエンター。

QlikSense

次にメジャーも同様に「sale_price」と入力してエンターを押してください。

QlikSense

軸とは違い、何やら関数のようなものが出てきます。
ここでは、「Sum(sale_price)」を選択します。

QlikSense

ここまできたらほぼ完成。
右上の完了ボタンをおすとグラフを参照できるようになります。

QlikSense

完成したシートは左上の保存ボタンを押すことで、いつでもアクセスできるようになるので、保存しておきましょう。

QlikSense

今回出てきた「軸」と「メジャー」を切り替える事で、表示する内容を変更する事が出来ます。

軸 = ディメンション(切り口) = X軸
メジャー = 値 = Y軸

と考えるとわかりやすいかと思います。

実際に、メジャーの中身を変えたり、軸の中身を変えたりしてみるとより理解が深まるかもしれません。
是非実践してみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です