>

Qlik Sense 関数 チャート [YearToDate] -日付および時刻関数-

この関数は、入力した日付がスクリプトが最後にロードされた日付の年に該当するかどうかを算出し、該当する場合は True を返し、該当しない場合は False を返します。

構文:
YearToDate(date [ , yearoffset [ , firstmonth [ , todaydate] ] ])

オプションのパラメータがどれも使用されていない場合、年初から当日までとは、さかのぼって直近の 1 月 1 日からスクリプトを最後に実行した日付までを含む 1 暦年以内のいずれかの日付を意味します。

引数 説明
date 例えば、’2012-10-12′ のように、タイムスタンプとして評価する日付。
yearoffset yearoffset を指定することにで、yeartodate は、別の年の同じ期間について True を返します。負の値の yearoffset は過去の年を示し、正の値の場合は将来の年を示します。前年 1 年間を取得するときは、yearoffset = -1 を指定します。省略された場合は、0 として処理されます。
firstmonth firstmonth を 1 から 12 の間で指定することにより (省略した場合は 1)、年の始めを任意の月の 1 日に移動することができます。例えば、会計年度を 5 月 1 日から開始する場合には、firstmonth = 5 と指定します。
todaydate todaydate を指定することにより (省略した場合は最後にスクリプトを実行したタイムスタンプ)、期間の上限として使用する日付を移動できます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です