>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [ValueLoop] -合成軸関数-

ValueLoop() は、計算軸で使用される場合、合成軸を形成する反復処理された値のセットを返します。
生成される値は、from 値から始まり、to 値で終了します (step 増分の中間値を含む)。
ValueLoop 関数を用いて作成された合成軸を持つチャートでは、チャート式に同じパラメータを持つ ValueLoop 関数を再記述することで、特定の数式のセルに対応する軸の値を参照できます。 もちろん、この関数はレイアウト内ならどこででも使用できますが、合成軸に対して使用する場合を除き、この関数は集計関数内でのみ有効になります。
合成軸は選択に影響されません。

構文:
ValueLoop(from [, to [, step ]])
戻り値のデータ型: dual

引数 説明
from 生成する一連の値の開始値。
to 生成する一連の値の終了値。
step 値の増分量。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です