>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [Rank] -ランキング関数-

Rank() は、数式におけるチャートの行を評価し、それぞれの行に対して、数式で評価される軸の値の相対位置を示します。この関数は数式の評価時に、結果を現在の列セグメントに含まれるその他の行の結果と比較して、セグメント内の現在の行の順位付けを返します。

テーブル以外のチャートでは、現在の列セグメントはチャートのストレートテーブルに相当するセグメントに従い定義されます。

構文:Rank([TOTAL []] expr[, mode[, fmt]])

戻り値のデータ型: dual

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
mode 関数の計算結果の数値表現を指定します。
fmt 関数の計算結果のテキスト表現を指定します。
TOTAL チャートが 1 軸の場合、または数式の前に TOTAL 修飾子が付加されている場合は、関数は列全体を評価します。 テーブルまたはテーブルに相当するアイテムに複数の縦軸が含まれる場合、現在の列セグメントには、項目ソート順の最後の軸を表示する列を除く、すべての軸列の現在行と同じ値を持つ行のみが含まれます。
TOTAL 修飾子の後には、山括弧で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です