>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [RangeFractile] -範囲関数-

RangeFractile() は、数値の範囲における n 番目の fractile (変位値) に相当する値を返します。

構文:RangeFractile(fractile, first_expr[, Expression])

戻り値のデータ型: numeric

TIPS:RangeFractile() は、分位数の計算時に最も近いランク間で線形補間を使用します。

この関数の引数式には、3 番目のオプション パラメータを持つレコード間関数を含めることができます。これらの関数は、その内部で値域を返します。

引数 説明
fractile 計算対象となる分位数 (変位値) に相当する値 (0~1 の範囲内)。
first_expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です