>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [RangeCorrel] -範囲関数-

RangeCorrel() は、2 つのデータ セットの相関係数を返します。相関係数はデータ セット間の関係を表すメジャーです。

構文:RangeCorrel(x_values , y_values[, Expression])

戻り値のデータ型: numeric

手動で値を指定する場合は、ペア (x,y) で入力します。例えば、array1 (array1 = 2,6,9) と array2 (array2 = 3,8,4) の 2 種類のデータ系列を評価する場合、RangeCorrel (2,3,6,8,9,4) と入力すると、 0.269 が返されます。

引数 説明
x-value, y-value それぞれの値は、3 番目のオプション パラメータを持つレコード間関数によって返される単一の値または値域を表します。それぞれの値や値域は、x-value または y-values の値域に対応していなければなりません。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です