>

Qlik Sense 関数 チャート [GetPossibleCount] -項目関数-

GetPossibleCount() は、特定した項目に含まれる絞込値の数を返します。識別された項目に選択が含まれている場合は、選択された項目 (緑) がカウントされます。その他の場合は関連値 (白) がカウントされます。

選択が含まれている項目の場合、GetPossibleCount() を使用すると選択した項目 (緑色) の数が返されます。

戻り値のデータ型: integer

構文:
GetPossibleCount (field_name)

引数 説明
field_name メジャー対象となるデータ範囲が含まれている項目です。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です