>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [FirstSortedValue] -基本的な集計関数-

FirstSortedValue() は、一方の項目のソートされた集計値に基づいて他方の項目の値を返します。例えば、単価が最も低い製品を検出します。

構文:

FirstSortedValue([{SetExpression}] [DISTINCT] [TOTAL []] value, sort_weight [,rank])
戻り値のデータ型: dual

引数 説明
value 出力フィールド。 この関数では、value で指定された項目の中で sort_weight 項目のソート結果に関連付けられている値が返されます。rank を指定している場合は、rank も考慮されます。指定された sort_weight で複数の値が同じ rank を共有している場合、この関数は NULL を返します。
sort_weight 入力フィールド。 ソート対象となるデータが含まれている数式です。sort_weight の最初の値 (最小値) が返され、そこから value 数式の対応する値が特定されます。sort_weight の前にマイナス記号を付けると、最後にソートされた値 (最大値) が返されます。
rank rank “n” に 1 よりも大きな値を入力するとで、n 番目のソート値を取得できます。
SetExpression デフォルトでは、集計関数は選択されたレコード セットに対して集計を行います。Set 分析数式でレコード セットを定義することも可能です。
DISTINCT 関数の引数の前に DISTINCT という用語が付いている場合、関数の引数の評価から生じる重複は無視されます。
TOTAL 関数の引数の前に TOTAL の文字が配置されている場合、現在の軸の値に関連しているものだけでなく、現在の選択範囲内にあるすべての可能な値に対して計算が実行されます。つまりチャート軸は無視されます。
TOTAL 修飾子の後には、山括弧 <fld> で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です