>

Qlik Sense 関数(クリックセンス 関数) チャート [Above] -レコード間関数 行関数-

Above() は、テーブルの列セグメント内の現在の行の上にある行の数式を評価します。どの行が計算されるかは、offset 値により決定されますが、デフォルトは真上の行です。テーブル以外のチャートでは、Above() は、チャートのストレート テーブルに相当するセグメントの現在の行よりも上にある行を評価します。

構文:Above([TOTAL] expr [ , offset [,count]])

戻り値のデータ型: dual

制限:
再帰呼び出しは、NULL を返します。

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
offset offset n を 0 より大きい値にすると、数式の評価が現在の行から n 行上に移動します。
offset に 0 を指定すると、現在の行で数式が評価されます。
offset が負の値である場合、Above 関数は、相応する正の offset 値が付いた Below 関数と同様に機能します。
count 3 番目の引数 count を 1 より大きい値にすると、この関数は count 値の範囲を返します。つまり、オリジナルのテーブルのセルから上方向に count 行の各値を返します。
この形式では、特別な範囲関数の引数として関数を使用できます。
TOTAL テーブルが 1 軸の場合、または TOTAL 修飾子が引数として使用される場合は、現在の列セグメントは常に列全体と等しくなります。

【使用例】

サンプルデータを利用した、ABOVE関数の使用例です。
ABOVE関数は、行のオフセットができる関数です。この関数を利用する事で、グラフ上に前月の数値や前年の数値を表示する事が可能です。
※使用しているサンプルデータはコチラ

1.オフセット例

オフセットがどのように出力されるかは「テーブル」で出力すると理解しやすいです。
実際にオフセット量を正負それぞれ1ずつとした例です。

オフセット[1]:
above(Sum(sale_price),1)
オフセット[-1]:
above(Sum(sale_price),-1)

above_sample_001

2.オフセット-前月比

オフセットを利用して前月比を出力する例です。
また、折れ線グラフとして「1」を出力する事で、当月の売上が前月の売上を超えているかどうかわかりやすくなります。

月:
=month(sale_date)
当月売上:
Sum(sale_price)
前月売上:
above(Sum(sale_price),1)
前月比:
Sum(sale_price) / above(Sum(sale_price),1)

above_sample_002

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です