Python

[python]TensorFlow Object Detection APIのチュートリアルをやってみた[windows]

スポンサーリンク
Python

前回の記事でTensorFlow Object Detection APIのwindowsにおける環境構築を紹介しました。
今回の記事では、この環境内にあるチュートリアルを進めていきます。

手順1

コマンドプロンプトを立ち上げ、models-masterを設置したフォルダに移動する。

cd C:\Users\hoge\tf_obj_det

手順2

object_detectionフォルダに移動する。

cd object_detection

手順3

jupyterを起動する。

jupyter notebook

手順4

object_detection_tutorial.ipynbを開く。

手順5

ソースコードを上から順に実行する。
この際、[Download Model]は少し時間がかかります。
全て実行すると以下のようなにオブジェクト検出をしてくれます。

オブジェクト検出の対象とする画像を変更したい場合は、[test_images]フォルダ内の[image1.jpg]または[image2.jpg]の画像を上書きすると変更できます。

タイトルとURLをコピーしました