> >

[python]numpyの使い方 初歩の初歩編

スポンサーリンク

pythonの基本的なところを勉強中で、numpyライブラリの初歩の初歩を備忘録的に書いておきます。

numpy配列は通常の配列(list型)とは異なる配列となる。

イメージ的には計算をしやすいような配列である。

つまりどういう事かというと以下の通り。

import numpy as np

a = [1,2,3]
b = [4,5,6]

print(a + b)
# [1, 2, 3, 4, 5, 6]

# 足し算
a = np.array([1,2,3])
b = np.array([4,5,6])

print(a + b)
# [5 7 9]

普通の配列(list型)による[+]では、配列同士が連結されるだけとなるけども、numpy配列同士を[+]すると同インデックス同士の数値を足し算して返してくれる。

足し算ができるということは当然引き算、掛け算、割り算も可能です。

# 引き算
a = np.array([1,2,3])
b = np.array([4,5,6])

print(a - b)
# [-3 -3 -3]

# 掛け算
a = np.array([1,2,3])
b = np.array([4,5,6])

print(a * b)
# [ 4 10 18]

# 割り算
a = np.array([1,2,3])
b = np.array([4,5,6])

print(a / b)
# [ 0.25  0.4   0.5 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です