> >

[ZNY]bitzeny マイニングプール解説(MPOS) -DashBoad Pool Infomation編-

スポンサーリンク

マイニングプールでおなじみのOSS MPOSの画面の解説です。

そもそもの「登録」から始まるマイニングの始め方は既に色々な人たちがブログで紹介していますので、この記事ではサイトの見方やマイニングそのものについて書いていきます。

※わかりやすいように単純な表現を用いている箇所があります。正確には誤りだ!というご指摘はご勘弁ください。

まずは、ダッシュボード画面のPool Infomationです。

既にマイニングをされている人からしたらおなじみの画面ですね。

それでは、各項目ごとの解説を記載します。


■My Hashrate

あなたの提供しているCPUパワーです。単位はKH/sとなっており、Hはハッシュレートを表します。kはキロ(1000)です。
つまり、1秒あたり●KHのCPUパワーをマイニングプールに提供しているよー。という事です。
この数値が高ければ高いほど、ブロック発見時に得られるコインの数が増加します。


■Pool Hashrate

プールに参加している全員のCPUパワーです。My Hashrateと単位や意味合いはほぼ同じです。
この数値が高ければ高いほど、1日あたりのブロックの発見数が増加します。


■My Sharerate

マイニングプールはブロック発見に多く貢献している人ほどコイン配布数が多くなるという仕組みで運営されています。
ブロック発見時のコインの配布はこのShareを元に行われます。


■Pool Workers

プール内のワーカー数の合計です。
一人一人のHashrate(ハッシュレート)に依存するため、一概には言えませんがワーカー数の多いプール程Pool Hashrateが高くなる傾向があります。


■Net Hashrate

bitzeny全体のHashrate(ハッシュレート)です。
この値が高くなればなるほど、ブロックの発掘難易度が上がります。
ブロックの発掘難易度が上昇している状況で、Pool Hashrateが横ばいの場合、ブロック発見数が減少する傾向にあります。


いかがでしょうか?いつも見ている画面も意味を知ると、また違った見え方になってくると思います。

今後も徐々に解説記事を増やしていきますので、マイニングをより楽しむためにも、ご覧いただけると幸いです。

[ZNY]bitzeny マイニングプール解説集(MPOS)

スポンサーリンク

[ZNY]bitzeny マイニングプール解説(MPOS) -DashBoad Pool Infomation編-」への2件のフィードバック

  1. こちらのプールを利用させて貰ってますが、2017年12月14日に手動払い出し設定したところ、未だに払い出しがされません。
    Transaction History には上がってますが、Block # がn/aのままです。
    どうなっているのでしょうか?

  2. サーバログを確認いたしましたところ、3名の方宛の送金に失敗している履歴を確認いたしました。
    3名の方宛に失敗していた分のZNYを送金いたしました。
    お手数ですが、ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です